Ja

Groovy Gorilla リリースノート

イントロダクション

このリリースノートには、Ubuntu 20.10 (Groovy Gorilla) のリリース概要と Ubuntu 20.10 とそのフレーバーに関する既知の不具合を記述しています。

サポート期間

Ubuntu 20.10は2021年7月まで9ヶ月間サポートされます。長期間のサポートが必要な場合は、Ubuntu 20.04 LTSの利用を推奨します。

20.10の新機能

アップデートされたパッケージ

Linux カーネル 🐧

Ubuntu 20.10には、Linuxカーネル 5.8 が含まれています。これには、Ubuntu 20.04 LTSでリリースされたLinuxカーネル5.4から追加されたサポートや多くの更新が含まれています。注目すべき例としては以下の内容が含まれます:

  • WiFi接続品質をより良くするためのAirtime Queue limits

  • RAID1向けのBtrfs 3-Copy/4-Copyとより多くの代替チェックサム
  • USB 4(Thunderbolt 3 プロトコル) サポートの追加
  • X86環境で5レベルのページングをデフォルト有効に
  • インテルの第11世代(Ice Lake)、第12世代(Tiger Lake)のグラフィックサポート
  • AMDファミリー19世代(Zen 3)の初期サポート
  • CPUコアを使用したタスク配置をより改善するシステム用の熱圧力トラッキング
  • XFSのオンライン修復機能
  • OverlayFSの上位層としてVirtIO-FSを利用可能
  • キー/キーリング通知、マウント変更などの一般的な通知キュー
  • PCIeやPCIデバイスの少電力化を向上するActive State Power Management (ASPM)
  • POWER10の初期サポート

ツールチェインの更新 🛠️

Ubuntu 20.10は、glibc 2.32、☕OpenJDK 11、rustc 1.41、GCC 10、LLVM 11、🐍Python 3.8.6、💎ruby 2.7.0、php 7.4.9、🐫perl 5.30、golang 1.13の新しいアップストリームリリースを含む、最先端のツールチェーンに更新されています。

セキュリティの向上 🔒

nftablesがファイアウォールのデフォルトバックグラウンドになりました。

Ubuntuデスクトップ

Ubuntu 20.10はRaspberry Pi 4用デスクトップイメージの機能を備えた、最初のUbuntuリリースです。

GNOME 👣

Ubuntu 20.10は、強化されたアクティビティの外観、ユーザーエクスペリエンスの向上、さらなるパフォーマンスの向上などを備えた、最新バージョンであるGNOEM 3.38に更新されています。

アプリケーションの更新

  • Firefox 🔥🦊 バージョン 81
  • LibreOffice 📚 バージョン 7.0.2

  • Thunderbird 🌩🐦 バージョン 78.3.2

サブシステムの更新

  • BlueZ 5.55
  • NetworkManager 1.26.2

Ubuntu Server

注目すべき変更点

  • squid: NISベーシック認証ヘルパーは削除されました(LP: #1895694)

  • adcliとrealmd: 多くのアップストリームの修正がパッケージに適用され、現在のActive Directoryにおける変更との互換性が改善されました
  • samba 4.12は暗号化処理の多くをGnuTLSに切り替えたため、SMB3暗号化のパフォーマンスが大きく向上しました。

  • QEMUは5.0リリースに更新されました。多くの改良の概要は、アップストリームの変更履歴を確認してください。

    • 注目すべき新機能の一つに、従来のの9p fsをベースとしたアプローチと比較して、より良くホストファイルシステムをゲストに共有することを可能にしたvirtiofsがあります。

  • Libvirtはバージョン6.6に更新されました。Focalにおけるバージョン6.0以降の多くの改善や修正については、アップストリームの変更履歴を確認してください。

    • Libvirt 6.6は、上記のQEMUのセクションで記載した新しいvirtiofsもサポートします。

  • Dovecotのmail-stack-deliveryの伝統的なパッケージはFocalでは非推奨となり、Groovyで完全にドロップしました。 (LP: #1771524, #1876564)
    • Dovecot自体はFocalの2.3.7から2.3.11に更新されました。この更新により、プロキシされたdoveadmコネクションのSSL/STARTTLSサポート、IMAPトランザクションのバッチ処理、強化したイベントレポート、その他多数の修正が追加されました。Postfixのsocketmapサポートはドロップしました。すべての変更一覧は https://dovecot.org/doc/NEWS を確認してください。

  • liburingのサポートが追加されました。これはLinuxカーネルにおける非同期I/Oの新しいメカニズムです。しばらくの間、QEMUとSambaはこのサポートを利用します。

    • Sambaは4.12.0リリースで VFSモジュールの形式でuringサポートを追加しました。これは、samba-vfs-modulesパッケージの一部となっています。

    • Qemuは5.0リリースでuringのサポートを追加し、aio=io_uringのようにfile-posixドライバーを利用することができます。

  • Groovyは、よく知られたロギング、モニタリング、アラートスタック(LMA)の一部であるtelegraf パッケージを紹介します。prometheusprometheus alert-managerおよびgrafanaと連携し、Ubuntuシステムにデプロイ可能な、強力で信頼性の高いモニタリング、アラートソリューションの基礎を形成します。

    • Grafana: リッチなメトリックスダッシュボードやグラフエディター。 https://snapcraft.io/grafana にてsnapパッケージとして利用できます

    • Prometheusとalert manager: モニタリングシステムと時系列のデータベースは、https://snapcraft.io/prometheus でsnapパッケージとして、またGroovyのdebパッケージとして利用できます

    • Telegraf: データベース、システム、IoTデバイスなどのメトリックスやイベントを収集し送信するエージェント。Groovyではdebパッケージとして利用できます

OpenStack

Ubuntu 20.10は最新のOpenStackリリースであるVictoriaが含まれており、以下のコンポーネントを含んでいます:

  • • OpenStack Identity - Keystone

    • OpenStack Imaging - Glance

    • OpenStack Block Storage - Cinder

    • OpenStack Compute - Nova

    • OpenStack Networking - Neutron

    • OpenStack Telemetry - Ceilometer, Aodh, Gnocchi, and Panko

    • OpenStack Orchestration - Heat

    • OpenStack Dashboard - Horizon

    • OpenStack Object Storage - Swift

    • OpenStack DNS - Designate

    • OpenStack Bare-metal - Ironic

    • OpenStack Filesystem - Manila

    • OpenStack Key Manager - Barbican

    • OpenStack Load Balancer - Octavia

    • OpenStack Instance HA - Masakari

OpenStackのこのリリースにおける全ての詳細は、OpenStack Victoria リリースノートを参照してください。

OpenStack VictoriaはUbuntu 20.04 LTSユーザー向けにUbuntu Cloud Archive経由でも提供されます。

警告: OpenStackデプロイメントをアップグレードすることは重要なプロセスであり、各OpenStackデプロイメント固有のアップグレード手順を計画し、テストを行うよう注意する必要があります。

Jujuを使用してUbuntu OpenStackをデプロイする方法の詳細な情報は、OpenStack Charm リリースノートを必ずお読みください。

プラットフォーム

クラウドイメージ ☁

  • ブート時間の改善のため、クラウド固有のカーネルと、KVMカーネルを持つイメージはデフォルトでinitramfsを使用せずに起動します。Genericカーネルのクラウドイメージはデフォルトでinitramfsを利用して起動します。
  • 追加の起動時間の改善として、snapプリシードの最適化が含まれています。これらの変更はクラウドでの初期起動のスピードが大きく向上します。ユーザは snap debug seedingseed-completionコマンドを使い、最初の起動時にsnapシーディングにかかった時間を確認することで、追加のタイミング情報を見つけることができます。ユーザーからのフィードバックをお待ちしています。

Raspberry Pi 🍓

  • 新しいデスクトップイメージ! このイメージは、arm64アーキテクチャ用にのみに構築されており、4Gb以上のRAMを搭載したPi4モデルでのみサポートしていることに注意してください。メモリ容量が小さかったり、以前のモデルでも起動しますが、サポートするプラットフォームの対象にはなりません。

  • Compute Module 4のサポート サーバーイメージとデスクトップイメージの両方が、新しいCM4プラットフォームで完全にサポートします。ただし、デスクトップイメージは4Gb以上のRAMのみをサポート、イメージのサイズが8Gbを超えているため、16GbのeMMC(または、同等のSDカードを搭載したLiteモデル)が最小のサポートモデルとなっていることに注意してください。

  • デフォルトのブートプロセスからU-Bootが削除されたことにより、Raspbianと同じ手順でUSBとネットワークブートがすべてのPiモデルで有効になりました。U-Bootはこのサイクルではオプションとして残りますが(ブートパーティションにインストールされ、config.txtオプションで選択することができます)、非推奨とみなされます。

  • Ubuntu 20.04 LTSからのアップグレードによるU-Bootからの切り替えは暗黙のうちに行われません。しかし、簡単にU-Bootを使わないシーケンスに切り替えることができます。"Groovy Boot Modes"のブログポストで、この2つのオプションの切り替えに関する詳細が記載されています。

s390x

20.04からのIBM ZとLinuxONE/s390xに特有の機能強化は以下になります(一部はs390xに限定されません):

既知の不具合

予想される通り、あらゆるリリースと同じように、今回のUbuntu 20.10のリリースにもユーザーが陥りそうな重大な既知の不具合がいくつか存在します。現時点で判明している不具合(およびいくつかの回避策)をここに記録しておきます。これらの不具合については、再度報告する必要はありません。

一般的な問題

  • LP: #1899615 - EFI経由でブートしたISOイメージ向けのシステムRAMのメモリテストの実行はできなくなりました。BIOS経由での起動の場合は可能です。

  • LP: #1891952 - Ubuntuのgrubにおけるリカバリーメニューで"ネットワークを有効にする"オプションを選択した後、ドメイン名の解決ができなくなりますが、systemd-resolvedを開始することでこの問題を解消できます。

  • LP: #1899632 - VMWare Playerでの"Easy Install"は利用できなくなりました。

Linuxカーネル

  • 最新のNVIDIA 455グラフィックドライバーはGroovyの初期リリースには含まれていません。これらは、Stable Release Update(SRU)として提供される予定です。NVIDIA 455ドライバーはGeForce RTX 3080、RTX 3090そしてMX450をサポートします。

Ubuntuデスクトップ

  • LP :#1900722 - Ubuntuの再インストールに失敗する

  • LP: #1897224 - GNOME Waylandセッション上でグラフィカル関連のsnapアプリケーションが起動しない

  • LP: #1901043 - "Safe graphics mode"(nomodeset)を選択して、インストール、もしくは直接起動したUbuntuで音がならない

Ubuntu Server

まだありません。

プラットフォーム

Cloudイメージ ⛈

  • Google Compute Engine(GCE)上で、google-guest-agentパッケージによるgoogle-startup-scriptサービスへのリグレッション (LP: #1901033)が報告されました。GCEでスタートアップスクリプトを利用しているユーザーは、このリグレッションに対処するまでの間cloud-initとsnapdのシーディングが完了する前にスクリプトが実行されることがあります。cloud-finalとsnapd.seedを待たずにスタートアップスクリプトを実行すると、アーカイブミラーの設定、GCEのgoogle-cloud-sdkのsnapパッケージのインストール、適切なグループのユーザー、これらサービスが所有するその他のカスタマイズなど、一貫性のあるシステムが提示されない場合があります。回避策として、ユーザーは起動スクリプトの先頭にcloud-init status --waitを追加することができます(cloud-initはスナップのシードが完了するまで待機するため)。

Raspberry Pi

  • LP: #1899962 - デスクトップイメージ上で、起動毎に間違ったオーディオ出力デバイスが選択されます。回避策はバグレポートに記載されています。

  • LP: #1899953 - 音声出力で"パチパチ"音がします。回避策 (tsched=0) はバグレポートに詳しく記載されています。

  • LP: #1900904 - 補助(USB接続など)イーサネットポートは自動的に構成されません。 回避策はバグレポートに記載されています。

  • Pi4ではブートEEPROMを最新の状態に保つため、sudo apt installrpi-eepromを使用してrpi-eepromパッケージをインストールすることをお勧めします。これは、このプラットフォーム上でUSBまたはnetbootを試す場合にも必要です。これは将来のリリースでイメージに含まれる予定です。

  • Pi FoundationのIO BoardであるCompute Module 4では、USBポートはDWC2 USB2コントローラ(Pi 4のUSB-Cポートに接続されています)にルーティングされています。これは、USBキーボード(および他のUSBデバイス)が動作しないことを意味し、デフォルトではホストモードになっていません。IOボードのUSBポートを有効にするために、config.txtに次の行を追加します:

    • dtoverlay=dwc2,dr_mode=host

config.txtではデフォルトでこの行がコメントアウトされているでしょう。

ppc64el

  • LP: #1878041 - 多数のパスを持つマルチパスシステムの場合、インストーラがタイムアウトすることがあります。

s390X

  • LP: #1900900 - 以前に使用していた zFCP/SCSIマルチパスディスクストレージにインストールを行うと、インストーラが以前の設定の削除に失敗することがあります。回避策はインストーラシェルにて手動で設定を消去することです。この修正は将来のインストーラの更新に含まれる予定です。

公式フレーバー

公式フレーバーの各リリースノートは、以下のリンクで参照できます:


より詳しい情報

バグレポート

あなたのコメントやバグレポート、レポートへのコメント・パッチの投稿・提案は、バグの修正や将来のリリース品質の改善につながります。ツールを用いてバグを報告してください。バグの修正を通じて貢献したいのであれば、Bug Squadページが役に立つでしょう。

Ubuntuに参加するには

Ubuntuを支援したいのであれば、以下の支援できる方法の一覧に目を通してみてください。

Ubuntuに関して

Ubuntuに関するより詳しい情報は、UbuntuのWebサイトUbuntu wikiを確認してください。

Ubuntuの開発に関するアナウンスを受け取るには、Ubuntu開発アナウンスメーリングリストを購読してください。

GroovyGorilla/ReleaseNotes/Ja (last edited 2020-10-25 05:33:37 by kazken3)